不動産コラム

【投資の極意_18】住宅・土地統計調査の調べ方・活用方法

【投資の極意_18】住宅・土地統計調査の調べ方・活用方法

 前回のコラム(「持ち家比率について」)で、「持ち家比率はそのエリア独特の「持ち家」に対する考え方を示しています。
もちろん、供給量との兼ね合いもあるので、一概には言えませんが、賃貸需要を見る一つの指標であることには変わりがないでしょう。」と述べましたが、「一体どうやって調べたらいいのか」と思われた方も多いかと思います。

 
 今回は総務省統計局「住宅・土地統計調査」をもとに、持ち家比率の調べ方を詳しくお伝えすることで、持ち家比率だけではなく、その他様々なデータを取得できる「住宅・土地統計調査」の調べ方を紐解いていきたいと思います。

持ち家比率は「住宅の所有の関係」でわかる

 まずは平成30年住宅・土地統計調査(リンク先: https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&toukei=00200522&tstat=000001127155)のページから、エリアの詳細結果が分かる「全国・都道府県・市町村[273件]」に進みます。

平成30年住宅・土地統計調査

 ここでは、持ち家比率を調べるわけですが、この持ち家比率は、「住宅の所有の関係」という項目がある表から抽出することが出来ます。
この項目のうち「持ち家」に該当する住宅数を「総数」で割れば、持ち家比率が算出されます。
 
 273件の中から適切な表をイチから探すのは大変ですが、「 [ctrl] + [F] 」でページ内のワード検索ができます。
右上の検索窓に「住宅の所有の関係」を入力することで該当する表がピックアップされます。
 
 

検索画面

 
 
 出来るだけエリアを絞ってデータを収集したいので、「市区町村」で集計されている表を選ぶといいかもしれません。
ここでは「表6-3 住宅の所有の関係(5区分),建築の時期(7区分)別住宅数-全国,都道府県,市区町村」から、
市区町村別、具体的には「東京都新宿区」の持ち家比率を算出する方法を、順を追って説明していきます。
 
 まず、表タイトルの横にある「DB」と書かれたボタンをクリックします。すると下のように「最大画面表示セル数50,000を超えました。」という表示が出ます。
「市区町村」単位となるとデータ量が膨大になってしまうからです。そこで「表示項目選択」をクリックして、必要な情報を絞り込んでいきます。
 

統計表・グラフ表示

 
 
 ポイントとしては、知りたい項目以外は「総数」で選択することです。
これにより、項目を絞り込めるので、結果表示もシンプルで見やすくなります。
 
 

絞り込み画面

 
 
 絞り込みの方法は以下のように項目内で必要箇所にチェックマークを入れるだけです。
 
 

チェックマークでの選択

 
 
 するとこのような結果になりました。
 
 

絞り込みの結果表示

 
 

 新宿区の総住宅戸数が、【213,290戸】でそのうち【69,780戸】が持ち家、つまり、持ち家比率は【32.7%】となります。
この32.7%という数値は周辺エリアと比べて高いのでしょうか?地域選択を増やして算出してみましょう。
 
 

ダウンロード画面

 
 
 こちらは23区での住宅総戸数と持ち家戸数を算出した結果です。ここで、右上のダウンロードボタンを押すと、
Excel形式で結果を見ることが出来ます。
Excelで計算や並び替えをすることで、より分かりやすくデータを集計することが可能となります。
ちなみに、23区別で持ち家比率を算出すると以下のような結果になりました。新宿区の持ち家比率は低いことが分かりますね。
 
 

ダウンロード画面

データの集計は無限大!不動産投資に活用しよう!

 今回は、シンプルな集計方法をお伝えしました。他にも持ち家比率だけではなく、空室率や家賃、建築年別の賃貸住宅の分布なども集計が可能です。
ただ、「住宅・土地統計調査」は不動産投資で役に立つデータが充実しているのに、集計に慣れていないと活用が難しいものです。
これを機に、是非沢山のデータに触れて不動産投資に役立てて頂ければ幸いです。
 
 


収益不動産ONLINE編集部
収益不動産分野のシンクタンク「収益不動産総研」が運営しています。不動産投資に役立つあらゆる情報をお届けします。収益不動産をこれから購入する方、すでにお持ちの方が成功に近づくためのノウハウを提供しています。

 

収益性の高い高品質な一棟マンション・収益物件をお探しなら

FUDOSAN ITTO。都心の一棟マンション・収益物件専門サイト。独自のネットワークによる物件情報を提供

メルマガ登録
セミナー申込